Proj
J-GLOBAL ID:202104006553585239  Research Project code:08068916

浸透圧発電用高水選択透過性モノリシックNPN積層荷電膜の開発

浸透圧発電用高水選択透過性モノリシックNPN積層荷電膜の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理工学研究科, 教授 )
Research overview:
浸透圧発電は海水と淡水を用いて高度差約300mに相当する圧力差を僅か長さ1m程度の膜モジュールで実現するため設備投資が少なく、低環境負荷で時間変動が少ないなどの長所がある。本研究では親水性高分子のポリビニルアルコールをベースにした正荷電層(P層)と負荷電層(N層)を多孔質膜の支持材上に交互積層後、不均一架橋構造を形成することで、高塩排除率、高水流束、耐膜汚染性、を有する浸透圧発電用モノリシックNPN積層荷電膜の開発を行う。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page