Proj
J-GLOBAL ID:202104006656989788  Research Project code:07051322

光解離性修飾基を用いた蛋白質の構造と機能の新規研究法

光解離性修飾基を用いた蛋白質の構造と機能の新規研究法
National award number:JPMJPR043J
Study period:2004 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院薬学研究科 )
Research overview:
タンパク質は決まった立体構造を形成し機能します。タンパク質の構造形成反応に関して、遅い時間領域での情報は多いが、良い手法がないため、1ミリ秒よりも早い初期段階での知見は少ないのが現状です。そこで、本研究では、種々のタンパク質に広く応用できる手法として、光解離性修飾基をタンパク質に導入し、光でタンパク質の構造形成を開始させる全く新しい研究手法を提案します。この手法を用いて、タンパク質の構造形成反応を追跡し、構造形成と機能制御を行います。
Research program:
Parent Research Project: 構造機能と計測分析
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page