Proj
J-GLOBAL ID:202104006701400308  Research Project code:12102587

気相中でのナノ粒子表面改質を可能とする回転式流動層型リアクターの開発

気相中でのナノ粒子表面改質を可能とする回転式流動層型リアクターの開発
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院工学研究科, 助教 )
Research overview:
本申請課題は、気相中でのナノ粒子表面改質を可能とする回転式流動層型リアクターの開発およびその性能評価を行うものである。モデル実験として、高温下で親水性シリカナノ粒子を、疎水化剤を含むガスで流動化し、気相反応により親水性表面を疎水性に改質することを試みた。高温環境下で運転可能な回転式流動層型リアクターを試作し、これを用いて親水性シリカの疎水性改質を行った。得られた粒子の物性を評価したところ、粒子表面に疎水基が導入されており、粒子が疎水化されていることが確認できた。また、疎水化度を評価した結果、従来型の流動層リアクターにおける表面改質率を上回る表面改質率を達成することができた。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page