Proj
J-GLOBAL ID:202104006770337782  Research Project code:7700006493

生体組織修復を促進する伸縮性細胞培養基材の開発

生体組織修復を促進する伸縮性細胞培養基材の開発
Study period:2005 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部 )
Research overview:
傷害された生体組織を修復させるための再生医療の研究が世界中で活発に行われている。一方で、細胞の増殖・分化には、生体組織中でその足場となる細胞外基質と、連動による動的環境場が与える影響が大きく関与することも明らかになってきている。生体組織は主に細胞を取り囲む「コラーゲン」と「エラスチン」の細胞外基質から形成され、特に「エラスチン」は平滑筋細胞の収縮運動に対応する構造としての細胞外基質群の主要蛋白質として、組織の弾性・伸縮性を担うことが知られる。昨今の多くの組織修復研究では、細胞の足場に非伸縮性の「コラーゲン」が基材として試みられているが、素材としての強度と伸縮性の問題で、動的環境場への応用は難しく、運動を伴う弾性組織の組織修復には不向きである。本研究では、弾性組織修復を促進する伸縮性の医用材料として、「エラスチン」からなる微細構造を有する新しい伸縮性の細胞培養基材の開発をめざす。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page