Proj
J-GLOBAL ID:202104006793801745  Research Project code:7700007765

骨折治療用の骨スクリュー作成機械の用途研究

骨折治療用の骨スクリュー作成機械の用途研究
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部, 助教授 )
Research overview:
[新規性・独創性]通常の骨折手術は2回行う。初めに金属製スクリューで固定し、1 年後に骨がついてからスクリューを取り出す。しかし、スクリュー取り出しが困難な骨折では、不完全な手術が原因で年間5000 人に後遺症が生じる。本手術システムでは、1)患者自身から小骨片を取り、2)手術中に骨加工装置で骨製スクリューを作製し、3)骨折を固定する。1 回の手術で完全に治す。[実用化の可能性]共同研究をしている株式会社ナノは骨加工装置の試作1号機を完成した(経産省助成事業)。H18 年に島根大学付属病院で臨床試験を開始し、H20 年には発売を目指す。「実施内容とその目標」本手術システムの具体的適応範囲を検討し、骨加工装置の改良点を明確にする。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page