Proj
J-GLOBAL ID:202104006874497021  Research Project code:18068701

データ駆動型全散乱計測に基づく不均質現象可視化システムの開発と応用

データ駆動型全散乱計測に基づく不均質現象可視化システムの開発と応用
National award number:JPMJPR1872
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 放射光科学研究センター, 専任研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1872
Research overview:
データ駆動型補正を取り入れた放射光全散乱計測をよりどころとして、情報理論により0.1 Å分解能で100 Å超をカバーする原子二体分布関数を導く不均質現象可視化システムを開発します。それを水素吸蔵ナノ材料に応用し、水素の分布を個々の粒子の統計平均として明らかにすることで、イメージングで得られる「個々の像」と回折で得られる「全体像」との間にある観測のギャップを埋めることを目指します。
Research program:
Parent Research Project: 計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page