Proj
J-GLOBAL ID:202104007010355302  Research Project code:08000597

屈折コントラストによる乳癌検診用トモシンセシス撮像法の開発

屈折コントラストによる乳癌検診用トモシンセシス撮像法の開発
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部応用生命システム工学科 )
Research overview:
高感度で3次元撮像情報を得ることができる,乳癌検診のためのX線屈折コントラストによるトモシンセシス撮像法の開発を目指す.X線の屈折現象は吸収の約1000 倍の感度を持つ.また,低被曝量で3次元情報を取得できるトモシンセシスというが近年注目されている.この両者を組み合わせることで,軟部組織で撮像が困難であった乳癌診断に応用が期待される.本申請にかかる研究では,トモシンセシス撮像法の再構成アルゴリズムを確立,検証することを目標とする.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page