Proj
J-GLOBAL ID:202104007104550486  Research Project code:08069044

分子鋳型を用いる高精度リアルタイムセンサーの開発戦略に関する研究

分子鋳型を用いる高精度リアルタイムセンサーの開発戦略に関する研究
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 産学官連携機構, 教授 )
Research overview:
食品製造や医療などの現場においては検査対象物質の種類が日々増大し、大きな負担となっている。このような状況の下、化学センサーの重要度が増している。この研究で開発する分子鋳型センサーは、対象物質の種類が変わっても同一の作製手順で対応できる技術である。本課題では、この新手法を用いた化学センサーの実用化を目標とし、特に食中毒の予見に有効とされるATPセンサーや食の安全で重要視される農薬センサーの実現を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page