Proj
J-GLOBAL ID:202104007114117187  Research Project code:08000668

都市熱環境緩和にむけた水分自己調整機能材料の開発

都市熱環境緩和にむけた水分自己調整機能材料の開発
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理工学研究科 )
Research overview:
建物の屋上をはじめとする都市被覆面の熱収支を改善するための自己吸水・蒸発機能を有する材料を開発する。原材料は廃棄石膏ボードなど建築廃材等を再資源化し、調湿剤を添加する。その成型においてもCO2を極力放出しない製法で行う。開発した新材料は、粒状、板状、柱状など様々な形に成型され、既存の都市温暖化防止技術との併用も可能であり、これまで利用困難な場所にも適用できる。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page