Proj
J-GLOBAL ID:202104007188122948  Research Project code:08069678

RTD線路を用いた超高周波電圧制御発振器の開発

RTD線路を用いた超高周波電圧制御発振器の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理工学研究科, 准教授 )
Research overview:
本試験では、共鳴トンネルダイオードを周期装荷した伝送線路(RTD線路)を用いた「サブミリ_テラヘルツ波発振器」の開発を目的とする。RTDピーク電圧に満たないパルスエッジは指数関数モード、一方ピーク電圧を越えたエッジは正弦関数モードで伝搬する。両モードの速度整合のために、パルスは自励的な往復伝搬を開始する。この現象を用いた発振器の動作原理を試作評価により確認することが主たる課題である。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page