Proj
J-GLOBAL ID:202104007340734695  Research Project code:20313993

ゴムノキ葉枯れ病防除のための複合的技術開発

ゴムノキ葉枯れ病防除のための複合的技術開発
National award number:JPMJSA2006
Study period:2020 - 2025
Organization (1):
Principal investigator: ( , 環境資源科学研究センター, グループディレクター )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSA2006
Research overview:
本研究は、東南アジアで世界の90パーセント以上を供給しており、交通網の発達や化石資源から環境負荷の少ない自然資源への転換により需要が増大している天然ゴムの生産を脅かしているゴムノキ葉枯病の原因であるPestalotiopsis菌について解析を行い、病害駆除と拡大防止を行う。現在Pestalotiopsis菌による葉枯病がインドネシアを始め、マレーシア、スリランカ、タイで拡大が起きている。インドネシアと協力して薬剤、微生物による増殖抑制、罹病株の早期発見、品種改良の多角的観点から病害拡大を抑制し、安定した天然ゴム供給に資する技術基盤を構築する。このことにより、将来のゴムノキ育種のためのゲノム技術を始めとする近代育種技術の確立を行い、インドネシアと日本の研究交流を通じて資源生産国と消費国をつなぐ近代的科学技術に根ざした育種に貢献できる人材を育成する。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生物資源
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page