Proj
J-GLOBAL ID:202104007369131574  Research Project code:14528023

次世代暗号に向けたセキュリティ危殆化回避数理モデリング

次世代暗号に向けたセキュリティ危殆化回避数理モデリング
National award number:JPMJCR14D6
Study period:2014 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , マス・フォア・インダストリ研究所, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR14D6
Research overview:
暗号分野では、それまで実社会への応用が無いと考えられていた整数論などの数学が利用されてきました。ところが、量子計算機や電力解析攻撃といった新たな物理的攻撃などにより、今や暗号の危殆化リスクが高まっています。本研究では、想定される最強の攻撃者をモデル化し危殆化を回避するために、整数論のみならず多様な数学理論を利活用するとともに新しい理論を構築し、情報セキュリティで利用される次世代暗号のための数学的基盤を大幅に進展させることを目指します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 現代の数理科学と連携するモデリング手法の構築
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page