Proj
J-GLOBAL ID:202104007467093583  Research Project code:07051140

ドーパミンによる行動の発達と発現の制御機構

ドーパミンによる行動の発達と発現の制御機構
National award number:JPMJCR05K2
Study period:2005 - 2010
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部附属生体情報伝達研究所, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR05K2
Research overview:
ドーパミン神経系は、行動の学習や発達にきわめて重要な役割を果たしていますが、その脳内機構については未だ明らかになっていません。本研究課題では、広くげっ歯類から霊長類までを対象にした総合的研究をとおして、ドーパミンによる脳機能発達と行動制御の仕組みを解明することを目指します。本研究の成果は、現在深刻な社会問題となっている統合失調症や注意欠陥多動性障害など、ドーパミン神経系の異常に起因すると考えられる発達障害の機構解明に貢献できると期待されます。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 脳の機能発達と学習メカニズムの解明
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page