Proj
J-GLOBAL ID:202104007639004170  Research Project code:08068742

インスリン分泌障害を示す2型糖尿病モデルマウスの作製

インスリン分泌障害を示す2型糖尿病モデルマウスの作製
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部, 教授 )
Research overview:
成人になって発症する2型糖尿病のほとんどは、過食や肥満によるインスリンの過剰分泌が引き金となる。現在、この2型糖尿病の発症機構を再現するモデルマウスは報告がない。応募者らは、インスリン分泌反応に、Ca2+/カルモデュリン依存性プロテインキナーゼII(CaMキナーゼII)が関与することを見いだした。今回、2型糖尿病モデルマウスの作製を目的として、本酵素の遺伝子改変マウスを作製する。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page