Proj
J-GLOBAL ID:202104007664631830  Research Project code:10102070

構造優良化によるLCA戦略的構造設計支援環境の開発

構造優良化によるLCA戦略的構造設計支援環境の開発
Study period:2010 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , 環境学研究科, 教授 )
Research overview:
構造設計支援とライフサイクルデザインプログラムを、構造性能の優良化を実現するためのライフサイクルコストとライフサイクル構造性能を表す複数の目的関数によって、多目的最適化問題として再構成し、これを解いて、複数の非劣解設計群として構造設計解を提案することのできるソフトウェアを開発することがこの課題の内容である。具体的な研究項目は、1)入力用ユーザーインターフェースの設計、2)グラフィック出力の設計である。1)では実務で必要となる設計条件を入力するためのユーザーインターフェースを設計し、2)ではユーザーにとって直感的に理解しやすい出力仕様を確立し、それに基づいてグラフィック出力の設計を行っている。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page