Proj
J-GLOBAL ID:202104007750697410  Research Project code:11104199

媒体ミル粉砕における混入磨耗粉の磁場分離技術の開発

媒体ミル粉砕における混入磨耗粉の磁場分離技術の開発
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 企画連携課, 技師 )
Research overview:
本研究では、媒体ミルの粉砕過程で混入する磨耗粉を磁場により分離・除去する手法を提案し、その利用可能性の実証を目的としている。このことから、媒体の高比重化による粉砕条件の修正及び難粉砕物である繊維状フィブロインの微粒子化に取り組むとともに、磁場分離装置を試作し粉末試料からの磨耗粉の除去分離の可否について検討した。 その結果、媒体ミルの粉砕条件を適正化したことにより、フィブロインを目標値(5μm)以下の微粒子とすることに成功した。また、試作した磁場分離装置はフィブロイン粉砕物からも有意に磨耗粉を分離し得ることが明らかとなり、粉体製品に含まれる磨耗粉の低減に本手法が有効であることを実証した。今後の課題として、フィブロイン粉末の解砕手法、並びに粉砕過程における変色の防止手段を見出す必要があることが分かった。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page