Proj
J-GLOBAL ID:202104007843627578  Research Project code:18070392

レプリケーター領域の構成的理解を介した染色体複製の制御技術の確立

レプリケーター領域の構成的理解を介した染色体複製の制御技術の確立
National award number:JPMJPR18K7
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 学際科学フロンティア研究所, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18K7
Research overview:
ヒト培養細胞において、リーディング鎖・ラギング鎖それぞれを合成するDNAポリメラーゼの使用度を全ゲノム領域に渡り算出する実験系を開発し、これらの使用度の変化から個々のレプリケーター領域(複製開始領域)の位置、活動を定量的に評価する方法を確立します。この解析から得られるデータを利用して、様々なゲノム上の要因がレプリケーター形成に寄与する仕組みを解明し、レプリケーターをデザインする技術基盤を構築します。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page