Proj
J-GLOBAL ID:202104007845415950  Research Project code:10101922

マハタのウイルス性神経壊死症(VNN)に対する経口ワクチンの開発

マハタのウイルス性神経壊死症(VNN)に対する経口ワクチンの開発
Study period:2010 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , 生物圏科学研究科 )
Research overview:
マハタのウイルス性神経壊死症(VNN)の予防対策として、これまでに不活化ウイルスを用いた注射ワクチンの有効性を明らかにした。本研究は、注射が困難な小型魚(稚魚)に対する経口ワクチンの開発を目的とした。ワクチンのみを添加した飼料の経口投与では免疫効果がほとんど認められなかったため、バクテリオファージおよび二種類の吸着剤(A、B)の同時投与を試みた結果、吸着剤A投与群においてウイルス攻撃に対して延命効果が認められた。一方、肛門から腸管内にワクチン液を直接接種すると、有意な感染防御効果とともに、一部の魚で中和抗体の産生が認められた。従って、ワクチンの有効量を腸管内にいかにして到達させるかが経口ワクチン成否の鍵となる。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page