Proj
J-GLOBAL ID:202104007859541819  Research Project code:11101865

結晶成長方位制御した積層型圧電アクチュエータ用耐還元無鉛BaTiO3系セラミックスの開発

結晶成長方位制御した積層型圧電アクチュエータ用耐還元無鉛BaTiO3系セラミックスの開発
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , エコトピア科学研究所, 准教授 )
Research overview:
本研究では、望む高性能化を達成するためのCaTiO3との固溶体形成およびNiなど卑金属電極との同時焼結を可能にする耐還元性の付与に効果的なMn元素のドープなどBaTiO3セラミックスの組成設計を行い、結晶成長方位制御のための板状種結晶の調製および現行の積層型セラミック電子部品の工程に適応可能な配向セラミックス作製プロセスの最適化を行うことで、優れた圧電特性を有する無鉛BaTiO3系配向圧電セラミックスの作製に成功した。ここでは、積層型圧電アクチュエータへの応用を可能にする電気的特性(特に電気絶縁性)および電界誘起歪み現象から見積もった実効圧電定数約570 pm/Vを達成した。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page