Proj
J-GLOBAL ID:202104007887681782  Research Project code:09157646

エゾシカ利用による凝乳酵素の開発

エゾシカ利用による凝乳酵素の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 食品開発部畜産食品科 )
Research overview:
北海道ではエゾシカの頭数調整として捕獲、一時養鹿が行なわれているが、この間出産される子鹿は少なくない。また、チーズを製造時に不可欠な凝乳酵素であるカーフレンネットは国際的に不足している。本課題では北海道の貴重な資源としてエゾシカを捉え、子鹿の消化器官から抽出する凝乳酵素の開発とこれを用いたナチュラルチーズの製造方法を提案するものである。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page