Proj
J-GLOBAL ID:202104007900491602  Research Project code:10102456

AKT結合分子を分子標的とするAKT特異的阻害剤の開発

AKT結合分子を分子標的とするAKT特異的阻害剤の開発
Study period:2010 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 遺伝子病制御研究所, 教授 )
Research overview:
最近ウイルス感染をはじめとする感染症において細胞内にあるこのPI3K-AKT活性シグナル伝達系をウイルスあるいは感染病原体がたくみに利用し、細胞死、感染の遷延化、腫瘍化さらには多剤耐性の成立などに関与しており、その中でもPI3K-AKT活性化シグナル伝達経路のウイルス感染における病態生理学的な意義が注目されている。申請者はインフルエンザウイルス産生蛋白におけるAKT-PI3Kシグナル活性化機構に注目し、AKTに結合する分子の同定を試み、AKTに結合するインフルエンザのコードするNS1蛋白を同定、NS1蛋白がAKTと結合する部位を同定、その化学的修飾に基づくAKT活性阻害効果と特異性を明らかにした。本研究によりNS1によるAKTシグナル伝達系の活性修飾機構を制御することにより、インフルエンザウイルスの感染の治療に役立てる可能性が示唆された(Matsuda M et al., BBRC 2010 )。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page