Proj
J-GLOBAL ID:202104008120915423  Research Project code:11101948

高出力長サイクル寿命リチウムイオン電池負極材料の開発

高出力長サイクル寿命リチウムイオン電池負極材料の開発
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 産学官連携本部, 特命教授 )
Research overview:
表面をフッ素ガスにより精密にフッ素化することで、チタン酸リチウム粒子の親水化が可能であることを見出し、高出力長サイクル寿命リチウムイオン電池負極作製プロセスの開発を目指し、ナノ表面フッ素化改質による高性能電極作製を行った。目標としていた表面修飾試料の容量についてはほぼ達成しており、比較データは十分議論に耐えるものであったことから修正は正しくなされたと考えている。また、それ以外の項目については、計画時よりも範囲を広げての実施となっており十分なデータの蓄積を行うことができた。今後、既に担緒につけている共同研究において内容を展開することで、企業への技術移転による製品化の準備が整ったと判断する。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page