Proj
J-GLOBAL ID:202104008413994921  Research Project code:19189218

安全な暗号の確立に向けた回路最小化問題の計算困難性の解析

安全な暗号の確立に向けた回路最小化問題の計算困難性の解析
National award number:JPMJPR17UM
Study period:2019 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院情報学環・学際情報学府, 大学院生 (博士課程) )
Research overview:
計算量理論において中心的な問題の一つである「回路最小化問題」というものに着目する。回路最小化問題はコンピュータのハードウェアを設計するときに自然に現れる基礎的な問題であり、暗号の理論と深い関係があることが近年の研究で明らかになった。しかし、その計算困難性については未だによくわかっていないことが多い。本研究ではその計算困難性を解析することを目標とする。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 情報と未来
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page