Proj
J-GLOBAL ID:202104008450867000  Research Project code:7700009391

ニトロキシルラジカル型高活性アルコール酸化触媒の大量合成法の開発

ニトロキシルラジカル型高活性アルコール酸化触媒の大量合成法の開発
Study period:2005 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院薬学研究科, 教授 )
Research overview:
アルコール類のカルボニル化合物への酸化は、医薬品・香料・液晶等の高付加価値有機化合物を合成する際に必要とされる基本反応であり、膨大な研究のもとに幾多の優れた手法が開発されてきた。しかし、本プロセスは、その重要性と汎用性ゆえに、さらなる効率性と環境調和性の向上が求められている。本応募課題は、先に申請者らが創製した有機ニトロキシルラジカル型高活性アルコール酸化触媒をモチーフとして、その活性を保持した誘導体の実用的大量合成法の開発を目指すものである。穏和な条件下に多様なアルコール類を高効率的にカルボニル化合物への変換を実現する当該酸化触媒は、我が国のファインケミカル産業の発展に推進力を与えると期待される。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page