Proj
J-GLOBAL ID:202104008479187962  Research Project code:09158251

多官能性有機ホウ素化合物の実用合成に向けた高効率プロセス開発

多官能性有機ホウ素化合物の実用合成に向けた高効率プロセス開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科, 准教授 )
Research overview:
有機ホウ素化合物は医薬・農薬・エレクトロニクス材料等の有用分子創製において中核的役割を果たす合成中間体である。本課題は、代表研究者が独自に開発した触媒反応を機軸とし、従来法では合成至難な一群の多官能性有機ホウ素化合物を自在合成することを目的としている。特に本研究では、大量合成・省資源にも対応した工業生産レベルの高効率プロセスとして完成することを目標とする。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page