Proj
J-GLOBAL ID:202104008579109357  Research Project code:09157112

細菌熱ショックタンパク由来の免疫抑制ペプチドの基礎的検討

細菌熱ショックタンパク由来の免疫抑制ペプチドの基礎的検討
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院保健学研究科, 准教授 )
Research overview:
【技術内容】ヒトの口腔内常在菌であるStreptococcus由来の熱ショックタンパク:Heat Shock protein 60kDa(HSP60)の合成ペプチド(HSPペプチド)による免疫抑制剤の開発を行う。【目 的】ヒト常在菌由来の安全な免疫抑制物質を作製する。【実施内容】細菌やその炎症物質刺激により活性化した単球系細胞や、これらを投与したマウスにペプチドを作用させ、サイトカインの産生の抑制や炎症の病理像を検討する。【目 標】ヒト常在細菌から分離した安全な抗炎症薬の開発を目指す。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page