Proj
J-GLOBAL ID:202104008647528649  Research Project code:13409897

薬理活性物質タウリン類縁体の効率的合成法の開発

薬理活性物質タウリン類縁体の効率的合成法の開発
Study period:2013 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 工学(系)研究科(研究院), 准教授 )
Research overview:
腎・肝機能障害、高血圧などに対し薬理活性を有するタウリン誘導体の効率的不斉合成手法の開発をめざし、アジリジンへのトリメチルシリルイソチオシアネートによる不斉開環反応を検討した。このようなアジリジンへのイソチオシアネートによる不斉開環反応は、これまでにまったく報告されていなかったが、我々が開発したイミダゾリン-リン酸型新規不斉触媒を用いることで、高エナンチオ選択的に反応が進行し、光学活性なβ-アミノチオシアネートを得ることに成功した。また、得られた化合物からタウリン誘導体への高効率的な変換にも成功した。今後は研究紹介を随所で行い、連携企業を見つけた後、企業との共同研究によって、腎・肝機能障害、高血圧に効果を生じるタウリン誘導体の探索合成を行いたい
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page