Proj
J-GLOBAL ID:202104008651914065  Research Project code:13415755

栄養摂取バランスの崩れによる恒常性維持機構の破綻メカニズムの解明

栄養摂取バランスの崩れによる恒常性維持機構の破綻メカニズムの解明
National award number:JPMJPR13MF
Study period:2013 - 2016
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学部附属病院, 特任助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR13MF
Research overview:
現代人は過栄養の時代を迎え、生活習慣病、心血管疾患、癌等により寿命が短縮しています。栄養摂取バランスが崩れると、生体では、恒常性維持機構が破綻し、長期ストレス応答のため、細胞間の相互作用や臓器連関が正常に働かなくなります。栄養に対する代償システムの恒常性維持機構をアディポネクチンとその受容体という切り口を中心として、その破綻メカニズムと破綻により生じる疾患の分子メカニズムを解明し、先制医療等の実現への貢献を目指します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生体における動的恒常性維持・変容機構の解明と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page