Proj
J-GLOBAL ID:202104008694099136  Research Project code:7700001555

IL-18を標的とした自然型アトピー症の治療戦略

IL-18を標的とした自然型アトピー症の治療戦略
National award number:JPMJCR0154
Study period:2001 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 免疫学・医動物学教室, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR0154
Research overview:
本研究では、アレルゲン/IgEの関与なしに起こるアトピー性皮膚炎、あるいは感染が引き金となって発症する気管支喘息が、病原体成分で刺激を受けた上皮細胞が産生したIL-18の作用で誘導されることを明らかにします。また、この様なアレルゲンあるいはIgE抗体が介在しない「自然型アトピー症」に対して、IL-18あるいはIL-18Rに対する抗体等を用いて、その有効な治療法の樹立を目指します。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 免疫難病・感染症等の先進医療技術-遺伝子レベルでの発症機構の解明を通じた免疫難病・感染症の新たな治療技術の創製を目指して-
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page