Proj
J-GLOBAL ID:202104008825554586  Research Project code:12101566

海洋生態学と機械学習法の融合によるデータ不足下の生態系評価手法の開発

海洋生態学と機械学習法の融合によるデータ不足下の生態系評価手法の開発
National award number:JPMJCR12A1
Study period:2012 - 2016
Organization (1):
Principal investigator: ( , 中央水産研究所, グループ長 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR12A1
Research overview:
海洋資源を持続的に利用していくためには、環境や漁業などの人間活動が海洋の生物多様性にどれだけ影響を与えるのかを知る必要があります。しかし、海洋生態系の評価に利用できるデータは限られており、また大きな不確実性を持っています。本研究では、新しい統計学的手法や機械学習手法と呼ばれる柔軟な方法を用いることにより、不確実で限られたデータのもとでも生態系の評価・予測を行えるような生態系モデルの開発を目指します。それにより、生態系の保全・再生に大きな貢献ができることが期待されます。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 海洋生物多様性および生態系の保全・再生に資する基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page