Proj
J-GLOBAL ID:202104008870258394  Research Project code:7700005455

湖沼底泥の脱水・浄化システムの開発

湖沼底泥の脱水・浄化システムの開発
Study period:2005 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部 )
Research overview:
湖沼などの閉鎖水域に沈降堆積する底泥は,環境に悪影響を及ぼす有機物,栄養塩類や重金属などを含んでいる場合が多い.水質浄化や環境保全のための対策として,底泥を浚渫し.埋立処分することが,一般に行われている.しかし,浚渫された大量の底泥は,泥水状の高含水比であり,運搬など取り扱いが非常に困難であり,また,処分場には非常に広大な用地の取得が必要不可欠である.公共事業のコスト縮減や用地確保の困難から,対策方法の改善が緊急の課題となっている. 本システムの開発は,(1)底泥の急速脱水装置の開発・試作,(2)本装置を用いた底泥・排出水の浄化方法の開発・検討,からなる.泥水状の底泥を,数時間のうちに,ダンプトラックで運搬可能な含水比まで脱水することにより,埋立て量を従来の1/3に低減する.また,底泥および排出水の成分分析を実施し,底泥および排出水そのものの浄化方法を開発・検討する.将来的には,無害化した底泥および排出水を湖沼に還元し,埋立処分しない対策方法(ゼロエミッション)を目指す.
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page