Proj
J-GLOBAL ID:202104008948136975  Research Project code:19205659

構造基盤に立脚した色認識機構および色覚情報伝達機構の解明

構造基盤に立脚した色認識機構および色覚情報伝達機構の解明
National award number:JPMJPR19G4
Study period:2019 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR19G4
Research overview:
色覚視物質の機能発現 (波長制御・情報伝達) における光反応過程を理解するためには、1量子化学に支配される発色団の励起状態のエネルギー準位を決定し、2ニュートン力学で記述可能な動的構造変化を明らかにする必要があります。本研究は、X線結晶構造解析により色覚視物質の原子座標を決定し、発色団と蛋白質場との相互作用を原子レベルで「観ます」。さらに赤外分光解析により反応中間体の構造変化を実時間で追駆します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 量子技術を適用した生命科学基盤の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page