Proj
J-GLOBAL ID:202104008989349690  Research Project code:08003262

超臨界流体中での酵素活性を利用した生体由来組織の脱細胞化

超臨界流体中での酵素活性を利用した生体由来組織の脱細胞化
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 総合生活学科, 講師 )
Research overview:
本研究では、生体由来組織から細胞成分を除去し、構造タンパクのみからなるスキャフォールドの作成を目指す。また、媒体や化学薬剤等の残存による組織への影響を無くすため、二酸化炭素やフッ素系媒体等、常温・常圧で気体状態である媒体を利用し、それらの超臨界状態での処理を行う。さらに、細胞分解を効果的に進めるために酵素活性も利用する。これにより、生体に対して安全性の高いスキャフォールド調製を目指す。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page