Proj
J-GLOBAL ID:202104009119523925  Research Project code:11104239

溶媒抽出法によるZr廃液中からのScの分離・回収

溶媒抽出法によるZr廃液中からのScの分離・回収
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , バイオ・化学部, 教授 )
Research overview:
本研究では、酸化Phoslex DT-8抽出系においてSc(III)抽出の役割を果たしている真の化合物が、O,O-bis(2-ethylhexyl) hydrogen thiophosphate(DOMTPと略記)であることを明らかにした。さらに、別途有機合成して得たDOMTPを用いてSc(III)とZrO(II)の溶媒抽出を行った結果、Sc(III)抽出率とSc(III)-ZrO(II)間の分離能のいずれの点でも酸化Phoslex DT-8抽出系よりも優れた性能が得られた。今後は、DOMTPを担体に担持させた吸着体を開発し、カラム法によるZr廃液中からのScの分離回収を目指して、研究を推進する。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page