Proj
J-GLOBAL ID:202104009154542258  Research Project code:19198048

金属薄膜の強度発現を担う外的・内的寸法効果の解明

金属薄膜の強度発現を担う外的・内的寸法効果の解明
National award number:JPMJPR1993
Study period:2019 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1993
Research overview:
金属薄膜の変形・破壊の機構と強度には膜厚(外的寸法)と微視組織(内的寸法)が大きな影響を及ぼします。本研究では膜厚と微視組織を独立に制御した超ナノ~マイクロ厚薄膜を創製し、これらに対するその場ナノ観察・解析破壊じん性・疲労き裂進展試験法を確立します。変形・破壊の機構と強度に及ぼす膜厚効果と微視組織効果を分離して解明することで、金属薄膜の強度発現を担う因子と発現メカニズムの理解・体系化を目指します。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 力学機能のナノエンジニアリング
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page