Proj
J-GLOBAL ID:202104009234828250  Research Project code:20344841

プリンタブル光デバイスへの導入を目指したシリコン量子ドットコロイドの高効率生産プロセスの開発

プリンタブル光デバイスへの導入を目指したシリコン量子ドットコロイドの高効率生産プロセスの開発
National award number:JPMJTM20D5
Study period:2020 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 理工学部, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20D5
Research overview:
シリコン量子ドットは、環境に優しい材料でありながら、バンドギャップエネルギーの制御性や光遷移過程の制御性などの潜在的な光デバイス応用の可能性を秘めている。特に、液中に分散可能なシリコン量子ドットコロイドは、近年急速に発展しているプリンタブル光デバイスへの応用が可能である。しかし、そのためには高濃度かつ大量の量子ドットが必要とされ、従来の技術では十分な量の生産が困難であった。そこで今回、申請者らの開発した量子ドットの集合体であるポーラスシリコンの作製技術、外部エネルギー付与によるドット分離・表面の安定化による自律形成技術を統合し、シリコン量子ドットコロイドの高効率生成プロセスの確立を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page