Proj
J-GLOBAL ID:202104009235423300  Research Project code:7700001466

核内因子による遺伝情報発現制御機構の解明

核内因子による遺伝情報発現制御機構の解明
National award number:JPMJCR9715
Study period:1997 - 2002
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院自然科学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR9715
Research overview:
真核生物の核内で起こる転写/スプライシング/修復などの様々な反応は、個々が独立に進行するのではなく、因子の共有や因子間相互作用の結果生ずる複合体を通して協調性が保たれると考えられますが、その実態は未だ明らかにされていません。本研究では遺伝情報の発現と維持の包括的理解に向け、転写制御機構研究を軸に、これら「超複合体jの存在様式とその機能を明らかにします。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生命活動のプログラム
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page