Proj
J-GLOBAL ID:202104009240144486  Research Project code:09156392

新規生体材料“蛍光核酸”を基盤とする機能性核酸センサーの開発

新規生体材料“蛍光核酸”を基盤とする機能性核酸センサーの開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 稲盛フロンティア研究センター, 特任教授 )
Research overview:
本試験研究ではアプタマーセンサーの実応用に向け、我々が開発を行っている新規な人工生体分子材料“蛍光核酸”モジュールをシグナル発信モジュールとして利用するアプタマーセンサーの提案・具現化を行う。そのため、電子デバイスのように認識・伝達・シグナルモジュールを独立させ、各部品を取り換えることで様々な標的に対する核酸センサーへと展開可能な革新的システムを構築する。機能性核酸材料群の創出とこれらを用いたラベルフリーセンサー構築に向けた設計指針の確立に挑戦し、テーラーメード型センサー開発に向けた基盤技術の確立を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page