Proj
J-GLOBAL ID:202104009253990734  Research Project code:08005370

針先端形状を考慮した穿刺シミュレーションモデルの開発

針先端形状を考慮した穿刺シミュレーションモデルの開発
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 総合理工学研究機構, ポストドクトラルフェロー )
Research overview:
近年、低侵襲外科手術療法の一つとして広く行われている穿刺療法は、従来の外科手術に比べ、患者への負担が少なく、術後の早期回復が可能である。しかし、医師の意図に反して穿刺中に針が曲がって進むことがあり、正しく患部に到達させることは非常に困難である。本研究では臓器のような軟性組織へ穿刺した際に針先端、側面に生じる物理現象を解明し、術中に的確な穿刺軌道を提示可能な穿刺シミュレーションモデルの構築を目指す。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page