Proj
J-GLOBAL ID:202104009333853827  Research Project code:11102648

霊長類の高次脳機能を担う大脳皮質神経回路の可視化と制御

霊長類の高次脳機能を担う大脳皮質神経回路の可視化と制御
National award number:JPMJPR11R5
Study period:2011 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , Center for Integrative Neuroscience )
Research overview:
私たちは、日々、様々な感覚情報や記憶に基づいて行動します。このような行動に至る意思決定は、脳内でどのように形成されているのでしょうか? 本研究では霊長類の眼球運動をモデルに用いて、前頭葉内部の神経回路が情報を統合し眼球を動かす指令を出す様子を明らかにしていきます。特に、最先端のイメージング技術と分子生物学的手法を霊長類に用いることにより、脳の高次機能を神経回路レベルで理解することを目指します。
Research program:
Parent Research Project: 脳神経回路の形成・動作と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page