Proj
J-GLOBAL ID:202104009364805901  Research Project code:12101355

熱中性子検出用10ボロン含有型シンチレータ結晶の開発

熱中性子検出用10ボロン含有型シンチレータ結晶の開発
Study period:2012 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 金属材料研究所, 研究員 )
Research overview:
本研究では、中性子捕獲断面積の大きい10Bを含有した、高い発光量(1500 ph/n ~)、透明性(70 %~)、品質(FWHM : 200 arcsec以内)を持つ実用性を有したアルカリ土類ボレートシンチレータを開発することを目標とした。開発においては、μ-PD法により、希土類元素を添加したSrO-B2O3やCaO-B2O3系結晶を作製し、その結晶性や光学特性、放射線応答特性を評価することで、最適な材料のスクリーニングを行った。その結果、2000 ph/n以上の発光量と、80% 以上の透明性、40 arcsecの品質性を持つCe3+:Ca3(BO3)2シンチレータを開発し、これを用いた中性子撮像にも成功した。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page