Proj
J-GLOBAL ID:202104009402976251  Research Project code:7700001302

脳の神経回路形成と可塑性の分子機構

脳の神経回路形成と可塑性の分子機構
National award number:JPMJCR9766
Study period:1997 - 2002
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院基礎工学研究科 )
Research overview:
神経結合の可塑的変化が生じるときには、脳の発達期に起こる様々な事象が繰り返されており、それらの分子機構を解明することは、脳の機能の仕組みを知る上で極めて重要です。本研究では、神経回路形成を支える分子機構、その中でも特に交差性神経回路形成に焦点を絞り、発達期脳において神経軸索が正中線で交差する際の分子機構、さらに軸索の正中交差において可塑性を生じるメカニズムの解明を進めます。
Research program:
Parent Research Project: 脳を知る(脳の機能)
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page