Proj
J-GLOBAL ID:202104009414273264  Research Project code:12101466

微粒子を用いた環境影響の少ない木材保存剤の開発

微粒子を用いた環境影響の少ない木材保存剤の開発
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 木材研究所, 木質製品課長 )
Research overview:
CuO以外の無機系微粒子剤について、木材保存剤への応用の可能性を検討した。高圧ジェットミル法により、Cu(OH)2や酸化亜鉛などの微粒子剤を作製することができた。作製した微粒子剤を木材に注入処理し、防腐効果を評価したところ、Cu(OH)2などの微粒子剤に十分な防腐性能が認められた。また、注入実験では、微粒子剤においても従来の水溶性薬剤と同程度の注入量が得られ、酸化亜鉛等で亜鉛などの木材内部への浸潤も確認された。微粒子剤の溶脱過程をLVSEM-EDXA法で追跡観察することにより、溶脱メカニズムについて理解が深まった。今後、これらの成果をもとに、木材保存剤としての最適微粒子条件を検討し、これまで木材への固着が困難とされてきた成分への応用を図る。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page