Proj
J-GLOBAL ID:202104009468124671  Research Project code:12101225

化学処理による放射性セシウム汚染土壌の除染・減容化に関する研究

化学処理による放射性セシウム汚染土壌の除染・減容化に関する研究
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 健康工学研究部門 健康リスク削減研究グループ )
Research overview:
高価な処理設備を必要としない経済性に優れた化学処理による放射性セシウム汚染土壌の除染・減容化処理技術の確立を目指し、セシウム脱着処理条件、セシウム脱着液の濃縮技術と、セシウム選択性捕捉剤の検討を行った。 土壌モデルを用いたセシウム脱着条件の検討においては、1M塩化アンモニウムでセシウムを100%近く抽出できることがわかった。セシウム脱着液の濃縮においては、RO膜法に比べ、蒸留法が有効な事を実証した。セシウム捕捉剤の検討においては、NaおよびK型バーネサイト、ニオブ酸カルシウム化合物が、A型ゼオライトやモンモリロナイトに比べ、特に酸性側でセシウムの吸着性が高くなることを明らかにした。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page