Proj
J-GLOBAL ID:202104009529715023  Research Project code:11103618

転写抑制因子を活用したリグノセルロース低含有植物の作出

転写抑制因子を活用したリグノセルロース低含有植物の作出
National award number:JPMJPR11BB
Study period:2011 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 研究機構環境科学研究センター )
Research overview:
維管束木部の細胞で形成される二次細胞壁は、持続的で再生可能なリグノセルロースバイオマスとして注目されており、質的量的な向上を目指した研究が数多く展開しております。一方で二次細胞壁量を減少させることは、家畜飼料の消化率向上や効率的なパルプ生産に有効であることが知られています。本研究では、二次細胞壁形成を負に制御する転写因子を活用することでリグノセルロースバイオマス量を抑えた植物体の作出を目指します。
Research program:
Parent Research Project: 二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page