Proj
J-GLOBAL ID:202104009538688306  Research Project code:17938244

植物-病原体-環境ネットワークの解明による気候変動対応型病害抵抗性の分子設計

植物-病原体-環境ネットワークの解明による気候変動対応型病害抵抗性の分子設計
National award number:JPMJPR17Q6
Study period:2017 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 立命館グローバル・イノベーション研究機構, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR17Q6
Research overview:
病原体による農作物の収量低下は、世界的な農業の課題です。地球温暖化とそれに伴う降水量の増加は、農作地の高温化/高湿化を引き起こし、その被害をさらに拡大すると予想されてます。本研究では、高温、高湿度環境下における植物と病原体の遺伝子発現ダイナミクスを解析することで、これらの環境要因による植物病害の助長のメカニズムを解明します。これを基盤として、高温/高湿度に対応した植物保護技術の開発を目指します。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: フィールドにおける植物の生命現象の制御に向けた次世代基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page