Proj
J-GLOBAL ID:202104009666464097  Research Project code:18069372

生体量子コヒーレンス顕微分光:本当に量子効果は生命を駆動するのか?

生体量子コヒーレンス顕微分光:本当に量子効果は生命を駆動するのか?
National award number:JPMJPR18G7
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理学研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18G7
Research overview:
近年、生体内でも様々な量子現象が発見され、生命機能との関わりが議論されています。しかし、環境が不均一な上に揺らぎが激しい生理条件下で、どのように量子状態が保持され生体機能に寄与するのか、については謎が多く残されています。本研究では、量子状態の顕微分光法を確立し、その制御機構を明らかにします。さらに、生体反応への寄与を評価し、量子現象は生命にとって本当に意味があるのか?、という問いに答えを出します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 量子技術を適用した生命科学基盤の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page