Proj
J-GLOBAL ID:202104009751713233  Research Project code:07051329

新規時計関連タンパク質の探索法の開発

新規時計関連タンパク質の探索法の開発
National award number:JPMJPR0532
Study period:2005 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 化学研究所, 助手 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR0532
Research overview:
生物時計を制御する時計遺伝子の発現周期に影響を与える新規タンパク質は、生物時計のメカニズム解明だけではなく、様々な疾病の新薬開発の鍵をにぎる。本研究では、従来のアンチセンス法とは異なり、転写活性化ライブラリーを利用することが可能な、亜鉛フィンガーを用いた探索システムを構築する。時計遺伝子の発現パターン変化の計測精度の向上及び、亜鉛フィンガーを用いた時計摂動の調節と計測系の確立を目指す。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 構造機能と計測分析
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page