Proj
J-GLOBAL ID:202104009915675800  Research Project code:09157588

サイクロトロンを必要としないPET用画像診断薬剤製造システムの構築

サイクロトロンを必要としないPET用画像診断薬剤製造システムの構築
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医歯薬学総合研究科, 准教授 )
Research overview:
現在、国内では206の医療施設でPETが稼働し、早期ガンの臨床診断に確実な貢献を果たしている。しかし、PETは、大掛かりなサイクロトロン施設で製造される短寿命の放射性核種を必要とする。そこで本研究者らは、サイクロトロン施設を設置することなく、PET用核種68Gaを供給する新規ジェネレータシステムの開発を目的として、ジェネレータの最も重要な構成要素である放射性核種の吸着分離剤に関する検討を重ねてきた。本研究では、これまで独自に開発したN-メチルグルカミン基を含有する有機系高分子吸着剤の表面改質による高機能化に取り組み、臨床現場での実用化に向けたジェネレータ制作を目標とする。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page