Proj
J-GLOBAL ID:202104009932551839  Research Project code:09158220

DNAマーカーを用いたイネ純度検定におけるバルク法の開発

DNAマーカーを用いたイネ純度検定におけるバルク法の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 中央農業総合研究センター北陸研究センター(上越) )
Research overview:
イネの生産現場での品種純度維持および流通過程での不正な混米防止のためには、簡便・効率的・高精度な異品種混入検定方法の確立が必要である。本課題では、新潟県主要15品種純度検定用DNAネガマーカーセットについて、バルク法(複数のサンプルからまとめてDNAを調製し一度の反応で検定を行う方法)を適応し、イネの生産・流通現場等でのより実際的な品種純度検定方法の確立を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page